京都新聞」タグアーカイブ

京都新聞に掲載されました(2023年6月17日版)

2024年6月17日(月)の京都新聞 にカラー写真付きで紹介されました。

京都新聞WEBの方でも、ご紹介頂いています。
京都府京丹波町の道の駅で「鮎ガーデン」始まる 香ばしい香り、旬の味覚に舌鼓
(2024年6月17日 6:30)https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/1273615

ありがとうございます!

9月30日まで営業しております。
火曜日は定休日です。(8月は無休です!)
今年は、鮎ガーデンだけでなく「鮎ざんまい」として、道の駅 和-なごみ-全体で
鮎を楽しめる企画盛りだくさんです!ぜひ、鮎をお楽しみ頂ければと思います♪

詳細は↓こちらの特設ページをご覧くださいませ。


https://wachi-nagomi.com/topics/ayuzanmai2024/

名称:鮎ざんまい
期間:2024年6月16日(日)〜9月30日(月)まで
定休日:火曜日 ※8月は休まず営業
営業時間:売店(特産品販売所)8:30~18:30
和キッチン 11:00~17:00(ラストオーダー15:30)
なごみCafe 9:30~17:00(ラストオーダー16:30)
鮎ガーデン 土日祝 11:00〜21:00(ラストオーダー20:30)※入店18:30まで
平日 昼 11:00~15:30(ラストオーダー15:00)
平日 夜 17:00~21:00(ラストオーダー20:30)※入店18:30まで
場所:道の駅 和-なごみ- 由良川沿い特設テント

↓鮎ガーデンは、ネットから予約できます。

なごみInstagramでは、最新情報を、リール(動画)やストーリーズで随時投稿しています。
まだ なごみインスタグラム をフォローしていない方は、フォローよろしくお願いいたします!


「和キッチン」「なごみCafe」ご提供メニュー
は、
下記の営業日カレンダーに掲載中です↓↓↓
参考になさってくださいね。

京都新聞に掲載されました(2023年6月22日版)

2023年6月22日(木)の京都新聞 にカラー写真付きで、鮎ガーデンに続き
アフタヌーンフェアをご紹介いただきました。
※初回投稿で6月21日と記載していましたが22日掲載の誤りでした。失礼したしました。

今回、道の駅 和-なごみ- 「アフタヌーンフェア」でしたが、お陰様で楽しんでいただけたようで、ご好評頂きました。
新聞見て来たよ!と声をかけてくれたお客様もチラホラ。
期間中ご来店いただきました皆様、ありがとうございました!

道の駅でアフタヌーン!?という、試み。
商品構成やメニュー、荒削りな部分はあったかもですが、道の駅 和-なごみ-がかかげている「ワクワク なごみ」を形にできたかなーと。
いやいや。まだまだ。もっともっと!!!精進。精進。

今後も楽しくなるフェアや、キャンペーンを開催できるよう進めていますので、
今後とも、道の駅 和-なごみ-をごひいきに。よろしくお願いいたします〜。

 

先日、イチオシおみやげの粉栗と糸絞り和栗モンブラン
先に注文しとくわね。後で取りにくるわ♪と、
手慣れた様子でご注文されるお客様を目撃した企画担当者。
何その当たり前のようにスムーズな、流れるような、美しい注文!!!!!!
勝手知ったるという感じのご注文に歓喜。企画してよかったと思ったそうです。
(しかも、立て続けに何名かそういうご注文をされた方を目撃して嬉しさMAX)
企画者のモチベーションを上げて下さり、ありがとうございます。
この場を借りて、お礼申し上げます!!!!

そんなわけで、
7月15日から開始予定の次回フェアは、ただいま詳細詰めているところです。
乞うご期待。カミングスーン。

 

そうそう。季節のソフトのコンフィチュールが変わりました。


ただいまご提供中の季節のソフトは「甘夏」です。(前回は柚子でした)
使用しているコンフィチュールは、和-なごみ-オリジナル商品で人気の「和知黒コンフィチュール
でコラボしている、京都のコンフィチュール専門店 北野ラボさん謹製です。
和知黒コンフィチュールの記事はこちら
ガツンとくる甘夏らしい甘酸っぱさと、ミルクソフトの美味しさ。
どうぞ味わって下さいね。

 

この前、なごみInstagramで個人的お気に入り「めだか」コーナーが紹介されました。
ずっと紹介して欲しいと言い続けた甲斐がありました。
しかも動画です。スイスイ〜スイスイ〜どの子もかわいい。
動画の最後らへんに、ガッハッハと男の人の声がするのはご愛嬌。笑
めだか販売中です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

道の駅和(なごみ)(@wachi.nagomi)がシェアした投稿

7月のお休みとスケジュールはこちらになります。
鮎ガーデンは引き続き開催中です!(9月末まで開催)

京都新聞に掲載されました(2023年6月19日版)

2023年6月19日(月)の京都新聞 にカラー写真付きで紹介されました。

京都新聞WEBの方でも、ご紹介頂いています。
焼きたて香ばしいアユ塩焼き、大にぎわい 京都の道の駅で「鮎ガーデン」
(2023年6月21日 14:05)https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/1047998

ありがとうございます。
道の駅 和の夏といえば、鮎ガーデンと多くの方に認知頂いているようです。
新聞をご覧になって「そういえば鮎ガーデンはじまったんやなぁ〜」と、
「待ってたで〜」と、ご予約いただいたり。うれしいものですねー。

9月30日まで営業します。ぜひ、鮎を食べに来て下さい。
よろしくお願いいたします!
↓鮎ガーデン詳細はこちらをクリック。


→鮎ガーデン詳細はこちら

おみやげショップ(売店)の
「鮎商品セレクト」コーナーもよろしくどうぞ!

セレクト担当者、イチオシは「小鮎の木の芽煮」
佃煮マニアなんですが、食べて😲ビックリ!!!したそうです。
賞を受賞しているだけの価値がある。
本当にやわらかくて、苦味もなくて。うーまーい!!!!
と、ご飯がすすみまくりだったそうです。
↓こちらの商品です。

是非ご検討くださいませ〜。

道の駅 和-なごみ-の鮎ガーデンで、おいしい時間!
おみやげに、こだわりセレクトの鮎商品はいかがでしょうか〜。

アフタヌーンフェア」は、6月25日(日)まで!
もうまもなく終了です。

↓アフタヌーンフェア詳細はこちら

鮎ガーデンも、アフタヌーンフェアも、合わせて楽しんで頂ければと思います。